勉強する女性

お医者さんへの道

この社会に生きる人が前提条件として保証されるのは、その生命と財産。お医者さんは、その中でも特に「生命」の分野で活躍する職業であると言えます。
「将来の夢」としてお医者さんの名を挙げる子どもの数は、いつの世も一定以上の数を数えることが出来ます。
ただ、お医者さんになるためには、あるひとつの決められたルートに沿った進路の上を歩んでいく必要があります。誰でも、すぐになれるというわけではないのです。
カギとなる言葉は医師免許。医師として働くことが出来るという証明が、これに当たります。簡単に言うなら、お医者さんになるためのルートとは、医師免許を取得するためのルートであると言えます。

■大学で学ぶために
医師免許を取得するためには「医師国家試験」という試験を受け、これにパスしなければなりませんが、この試験の受験資格を得るためには、まずは大学で学ぶことが必要です。
医師という職業は、大学を出なければ就くことが出来ないもののひとつです。具体的には、大学の医学部に入学し、そこを卒業しなければなりません。
6年制の学部で、その在学中に医学についての基礎と応用を学び、医学部を卒業して受ける国家試験にパスして免許を習得。実地の医学を学ぶために研修医となって……というのが、お医者さんへのルートなのです。
ところで、大学で学ぶためには、まずは大学に入学するところからはじめなければなりません。つまり、お医者さんになるためには、医学部への合格と国家試験での合格が必須となるのです。

■予備校に行くこと
お医者さんという職業を志す人の最初の「関門」となるのが大学医学部の入学試験にパスすることで、予備校はそれを実現させるために存在している学校であると言えます。
「予備校」は、その名の通りひとつの軸としてある学校制度の脇にあって、それを補強する意味合いで行う学習のためにある学校です。
大学に入学するために、学力をさらに高めようということで予備校に通う人が多いわけですが、医学部への入学を目標とする予備校では、医学部入学に必要な事柄を特に学んでいくことになります。

オススメリンク

医学部予備校で勉強して憧れの医者を目指そう!:大阪で評判の医学部予備校

勉強する女性

入学に必要な知識

お医者さんになるためには、まずは大学の医学部に入学しなければ…Read more
講師に教わる生徒

高校に行きながら

小学校から中学校へ、そこから高校へ、そして大学や短大、専門学…Read more
勉強する女学生

高校を出てから

桜の季節に高校を卒業、その後、予備校に入学するという人たちが…Read more
講師

みんなで勉強

大学への進学を目指して、予備校に通う人がいる一方、自宅で勉強…Read more
pt5

講義室の人数

予備校の講義室に入ってみると、そこは一見、高校や大学とそれほ…Read more

関連リンク